Archives

課題研究作品、社会福祉施設に寄贈

建築・土木科の生徒が課題研究で文字盤を製作し、緑区にある社会福祉施設 「ふきのとう」様に寄贈しました。

利用者の方に使用してもらえる木材で製作できるものはなにかと考えた時に色々な人からアイデアをいただき、文字盤を製作する事となりました。
生徒達の工夫により、ボタンのように押せるような文字盤を作ることができました。

12月13日(月)に社会福祉施設「ふきのとう」様が使用して頂けるとの事だったので、寄贈させていただきました。
実際使用してもらい、施設の方とお話をさせて頂きました。

良い物とは形やデザインがおしゃれとかではなく、その人に合った物が一番良いものだと教えてもらいました。
生徒達も作った物を使ってもらえる喜びを感じていました。

足場の体験授業

令和3年11月26日(金)
1年建築科と土木科が永和台研修センターで足場の体験授業を行いました。

株式会社伊藤組様による足場の組立作業を体験させていただきました。
職人の方々が細かなところまで指導して頂き、生徒達は興味深く話を聞き、体験をしていました。

ラウンドアバウト見学会

2年土木科・1年土木科建築科 対象 

10月6日(水)及び8日(金)に,ラウンドアバウト見学会を行いました。

日本ではまだ珍しい,環状交差点(ラウンドアバウト)が,永和台研修センターの近くにあったので,2年土木科及び1年土木科建築科を対象に見学会を行いました。

環状交差点・ラウンドアバウトとは,環状になった交差点です。
車両の通行は,時計回り(右回り)に通行することが決まっています。
2014年に道路交通法の一部が改正されて,ラウンドアバウトが導入されることになりました。

愛知県海部建設事務所道路整備課の日野原さんと後藤さんが永和台研修センターにいらして,ラウンドアバウトに関する講義をしていただきました。


この交差点にラウンドアバウトが導入されることにより,交通事故の減少や事故による被害の軽減等が期待されているそうです。

その後,徒歩で移動して実際にラウンドアバウトを見学しました。
ラウンドアバウトに到着しました。
ラウンドアバウトの標識です。
現地で熱心に説明を聞いています。

ラウンドアバウトについて調べている生徒もいて,どのクラスも質問がたくさん出ました。とても良い見学会になりました。

愛知県海部建設事務所道路整備課の皆様 ありがとうございました。