【大地震時の安全性能】 (入力:Vmax=100〜165cm/s)

最大応答加速度      最大応答変位    層せん断力係数

【設計用入力地震動】

 地 震 動   最大加速度 
 EL CENTRO   NS(1940)

 TAFT        EW(1952)

 HACHINOHE   NS(1968)

 HACHINOHE   EW(1968)

 FUKIAI       FN(1995)

 JR TAKATORI FN(1995)

 MEIKOH      AW(模擬地震動)

1022(V=100)

 994(V=100)

 735(V=110)

 525(V=100)

 832(V=130)

 759(V=165)

 503(V=103)

 【免震装置概要】

 設置区域   地上1階と基礎との間 
 種別・基数   鉛プラグ入り積層ゴム

1500φ×

 支持重量     15,563t
 平均面圧     110s/cu
 許容変形量        90p


【設計上の特徴】

  直径1500φ、支持荷重2000t/個 許容変形量90cmの大型免震装置により、最大速度Vmax=100cm/s以上の設計用入力地震動に対して完全無損傷を達成しています。
  平面中央部の中廊下を挟んで両側にスパン8.1m×5教室×2列をアンボンドスラブで構成しており、将来の部屋割り変更に柔軟に対応できます。外観デザインは、力強い構造体フレームを表現しており、建築計画と構造計画が上手に融合された設計例となっています。


 

戻る / TOPへ