[本校のあゆみ]

 創設者、林 聖叡先生は「我が国は工業立国なり」と卓越した洞察力の下に、 我が国の繁栄は、優れた工業技術者の育成にあると、大正9年(1920年)に創立される。
 以後90有余年、一貫して工業教育に専念し、5科を有する総合工業高等学校として発展している。

[本校の沿革]

[教育方針]

 「工業立国日本」の担い手として、平和国家の建設と、社会の発展に貢献できる中堅技術者の育成を目指し、

を建学の精神として、心・技・体の調和のとれた技術者の育成に努める。

[教育目的]

 建学の精神に基づき、礼儀正しく、勤勉で、責任を重んじる人物を育成し、一方、技術者としての基礎的な技術・技能を習得し、 更に、日進月歩の技術革新に即応できる実力を備えた、有用な人材を育成する。

[本校の特色]

五科を有する総合工業高校

建築科(A)
土木科(C)
電気科(E)
情報技術科(J)
機械科(M)

90余年間一貫して工業教育に専念

基礎から最新技術まで! 最新機器の充実。
パソコン300台と、その関連最新機器を設置。
利用技術の徹底指導。即戦力の人材育成。
実験・実習の充実
一人一台の機器を完備。
基本技術習得の徹底。応用発展の能力の開発。
実力のある技術者育成。

資格取得の奨励

 「自主学習の精神」・「チャレンジ精神」の高揚。一人3種目以上を目標に、県下有数の成果を上げる。
なお、電気工事士合格者数は、毎年、全国でトップ10に入っている。
就職

 伝統校への信頼と、卒業生34,000人の実績により、 産業界の期待大きく、常に就職率は100%を誇る。

免震構造の校舎

 8階建校舎の地下基礎部に免震装置/震度7以上の地震にもたえられる規模・性能ともに国内で最高ランクの評価を受ける。



マイコン室 旋盤実習室
マシニングセンター実習室 図書室


TOPへ