弓道部

弓道部は、授業後、本校から徒歩五分のところにある弓道場で、週六日間練成します。
 全国でも珍しい二階建ての素晴らしい弓道場であり、自慢でもあります。
 練習時間やメニューは、季節によって多少異なりますが、平均的に、午後7時までの練習となります。
 夏は時間まで弓を引き続けます。六十本以上です。
 弓道は、集中力や精神力を必要とするスポーツです。気持ちを込めて取り組みます。
 冬はある程度(四十本ほど)弓を引いたらその後、筋力トレーニングなどをします。
 一年生は、入部してまもなくは弓を引くことはできず、一ヶ月は弓を使わない練習をします。
 高校に入学してから弓道を始める者が多いので、他の学校ともあまり実力差のない状態でスタートできます。
 夏休みには、長野県の白馬へ行き、四泊五日の合宿を行います。
 そこでは、弓の技量アップのほかに、精神力を培ったり、礼儀作法を学んだりすることを図ります。
 最終目標は「全国大会・インターハイ出場」。個人的には「二段審査合格」を目指してみんながんばっています。
 集中力がついて努力を重ねれば、一年生でも、三年生との実力差もほとんどなくすぐらいにもなれます。やりがいのある、楽しいスポーツです。

合宿風景

部活動紹介Top