柔道部

柔道部は、県内において常に上位に入賞するクラブの一つです。

団体戦においては、幾度にもわたる東海高校総体の出場。個人戦においても、幾度ものインターハイ出場選手を送り出していて、輝かしい歴史と伝統のクラブであることに、我々柔道部員は誇りをもって日々の練習に励んでいます。

練習も、人数がおおいこともあって、とても活気のある、武道で言う「稽古」が繰り広げられています。

部員の構成は、なんとその三分の二が初心者であり、最速で参段、平均でも弐段を取得し、卒業を迎える。柔道は、段位により、その人の熟練度をあらわすことができ、他のクラブと違い、単に「レギュラーになる」という目標だけではなく(柔道の場合、団体戦と個人戦の試合がある)、個人的目標の「高段位の取得」も魅力の一つではないでしょうか。また、柔道は、「礼節を尚ぶ」とも相まって、希望者が多いと思われます。

なぜ名工柔道部は部員が多いのでしょうか。それは、私たちのクラブに活動に「魅力」があるから。自然と人が集まり、仲間が増え、クラブ活動に活気が生まれ、必然的に良い結果が出るのではないでしょうか。例えば、柔道は「礼に始まり、礼に終わる」とよく言われるほど「礼節」を重んじる競技です。これは本校の教育方針とも合い、社会人として「あたりまえ」の行動が身に付く。また、初心者から始めても、2年生の夏休みを過ぎたくらいから頭角を現し、選手として活躍する人も多くいます。

私達柔道部の目標は、団体戦において東海大会、インターハイへと駒を進めるとこと、部員全員の合言葉になっています。

部活動紹介Top