名古屋中央雨水調整池 工事現場見学  1年土木科,2年土木科

名古屋駅周辺は,地盤が低く,大雨が降ると浸水被害を受けやすい地域です。そこで,西区の押切公園から中川区の山王までの,地下50mに流下貯留方式の貯水池を長さ5kmに渡って,掘っています。今回は,この工事現場の見学へ,1年生土木科と2年生土木科は行ってきました。

 集合場所は西区の押切公園です。まずは,工事の概要を説明して頂きました。この工事の発注者は名古屋市上下水道局,施工は大成・りんかい日産・本間のJVです。請負金額200億円の工事です。

発進立坑から,地下50mへ降りていきます。名工は8階建てのビルですが,このビルで高さ30m。この立坑は50mあります。写真の左側にあるのが,エレベータ(ケージ)です。オレンジ色のは,垂直ベルコンです。

地下50mに到着しました。ここが,調整池になる部分です。空気を送る管やベルトコンベア,トロッコの線路などを見ることができます。

トロッコでは,調整池の壁となるセグメントを運んでいました。鉄の枠とコンクリートが一体化しています。

シールドマシン(トンネルを掘る機械)で掘った土を運ぶベルトコンベアです。

帰りは階段を50m登って戻ってきました。疲れましたHi!

名古屋市上下水道局の皆様,ありがとうございました。

ジュニアマイスター学校表彰

たくさんの資格を取得した生徒に贈られるジュニアマイスター顕彰。

H30年度は135名の生徒が受賞しました。

そして

ジュニアマイスターを多数輩出する学校に贈られる

ジュニアマイスター学校表彰。

今年度もいただくことができました。

※ジュニアマイスター顕彰制度につきましては以下のリンクをご覧ください

https://zenkoukyo.or.jp/index_jm/

H30年度卒業式

平成最後の卒業式。

真っ青な空の下、昨年同様本校にて行われました。

しんみりした様子はなく、たくさんの笑顔であふれていました。

卒業生の皆さん、

これから社会に出てそれぞれの道を突き進むわけですが、

立ち止まりたくなった時はどうぞ遠慮なく名工に立ち寄ってくださいね。

いつでもお待ちしています。

卒業おめでとう!