土木科・建築科1,2年生200名が最新の建設ICTを体験!

2月13日(火)午後に,

土木科・建築科の1,2年生が国土交通省中部地方整備局の出前講座を受講し,

最新の建設ICT(Information Communication Technology:情報通信技術)を体験しました。

熱心に話を聞く建築科・土木科1年生

約1000万円する,レーザースキャナ

これを用いると10数分で人間を含めて教室内を測量することができる。

ホバリングするドローン

 

生徒の感想

・最新の建設ICT技術を見ることができて,よかった。

・ドローンによる測量が一般化すると従来の測量技術が不要になってしまうか,心配です。

・このような技術を使用している建設業界に是非就職したいと思った。

・ドローンを実際に飛ばして,測量してみたい。

・技術はどんどん進歩していき,最新技術を身に付けるのは大変だと思った。伝統的な技術と共に,身に付けていきたいと思っている。

 

2月15日(木)付中日新聞朝刊に,「ドローンを使った測量」ということで,記事が掲載されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です